何て良いヒト照合

 私が得意としているひとつに、「人物観察」がある。全容、私は人見知りということもあり、初対面の人とはいやに喋れないという生活を送ってきた。ただし、一緒に仕事をするうえでは、そんなことは言ってられない。なら、人物観察を通して、そほ人物がどういう人物なのか、如何なることが好きなのか、職務そよ風は、などを不意(短時間の場合もあり)じっと観察をやる。そうすることにより、私との共通点や自分が伝わり、話しやすく渡る。人見知りを控える、という人物には、ふとまどろっこしい仕方だと言えるだろう。但し、組織を賢く保ち、ずっとしょっちゅう過ごしていくには、こうするしかないのである。
 いつだったか、人物観察をやる部位、見破られたことがある。なぜなら、見破った人物も私とおんなじだったからだ。いよいよ、同じタイプの人物だったので、共鳴しあえるところが多々あり、アッという間に仲良くなれた。
 ただし、人物観察を通してもこの人は上手く話すことはできないだろう、と映ることも多々あるが、形状を繕うこともしばしば・・・。
 人物観察というと、「ストーカー」と映ることもなきにしもあらず。ところが、決してストーカーでは無いことをお伝えしたい。また、人物観察をすることにより、その人の悩みスポットを他言したりするのではない。ただ、組織をスムーズにするための、人見知りを始める私の常套クライアントなのである。xn--u9ja1sigv56mb1cwxcsv0bo08c48a.com